身体の割合、水分60%ストレス40%です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
行ってきました尾道!


2009.0328 005

先輩の芝居を観た後
先輩一族とお昼を頂き、夕方まで尾道ぶらり旅。

踏み切りのあるような無いような線路を
またぎたくって渡ったら
お寺地区に入ったので
そのまま海福寺、光明寺、宝土寺、志賀直哉旧居、
そして千光寺と歩いて周りました。


ちょい桜には早かったけれど
つぼみがまぁるくて、少し咲いていました。



2009.0328 003

日本の桜100景をいつかきれいなときに
見てみたいな。

その中でもひときわ目立ったのが天寧寺の枝垂桜。
綺麗でしたvv




2009.0328 006


また行こうv
さて、今日から仕事なのです。
頑張ってます~。



スポンサーサイト
2010.03.30 / Top↑
ものすごく遊んだ!て感じ。

18キップで電車乗って、
姫路城行って、そこでお弁当食べて、
三ノ宮で異人館巡りしたり(外観観るだけ)
そして展望台で猪と遭遇して焦ったり。

そして最近ハマってるタコ焼き「たこやん」で
甘辛、辛口とタコ焼きに舌鼓を打ち、カラオケへ。
(ほぼ週間少年ジャンプだった…)


まぁそんな感じで楽しかった!明日から気合い入れてこ!!


国試験まで後一週間。
2010.03.12 / Top↑
北京まで8時間あまりなので
まず寝ることに。

もう爆睡。
よだれたらしても気が付きません。
(マスクの中でよかった)

途中ふと起きて外を見ると




23.jpg





すごい。
ただただすごいと思った。
今まで体験したことない世界の上を
私は飛んでいるんだ。


で、無事に北京到着ーーー!!!!

ここが中国か~。
なんてアジア。
思いがけず来てしまったがよい経験かも。

しっかし手続き大変だったなぁ。
なんせ北京からのチケット持ってないわけだから
不信がられるのですよ。

結局いったん出て、日本系の乗り場で
手続きしろとのこと。


しかも移動中、ふと
関空まで会えないはずの荷物たちが
出ていてあせった。
危うく見過ごすとこだった。


久々にお茶をしよか~と
喫茶店に
私はゆず茶を。400mlくらいで
実がたっぷり入って300円くらいだったかな。
やはり中国は安い。
久々にほっこり出来て良かった☆



その後霧でフライトが遅れたが
もう遅れるくらいへでもないあたしら。
無事飛んだらいいんだよ。


しかも今回もまたしても共同便で
なんとJAL。
超サービス良かった。



機内食。

21.jpg



これだよ。
これが日本だよ。
多目の野菜に甘辛いチンジャオロース。
とってつけたようなうどん。
食後は緑茶。

甘辛い味を食べると日本人だなぁって思ったよ。



そして無事関空に21:50に到着。
おおあわてて大冒険を共にした皆さんとあいさつをして
別れて特急はるかに飛び乗り
終電で帰れました。



いやはや、やっぱ安全はお金で買わないとね。
・・・もう近畿日本つーりすとは使わない。





総集編を最期書きます。

2009.12.13 / Top↑
今回は行きも帰りも
フィンランドのヘルシンキを経由して
帰る予定だったんです。


バスの運転手が違うターミナルで降ろしたから
隣のターミナルへちょっと息が切れるくらい
歩いて、手続きも無事終わって、
免税店で1.5時間待ちというなんて
すばらしい流れだったのです。


ゆっくりしていて、
ちょっと思い出して
化粧品売り場へ行って
ずっとほしいなぁと思っていた
ESTEE LAUDERの口紅を買いました。
ちょっと免税の威力を思い知りました。

レジの人がすっごい陽気だった。
こんなすごいダンケとチュースは聞いたこと無い。


・・・とその時ザワザワ。








どうやらあたしらが乗る飛行機が
キャンセルになった模様。



つまり飛ばないのです。
心は文字化けデシタ。








しょうがなく外へ出て預けた荷物を回収し
フィンランド空港へ並び
代わりの飛行機を手配してもうことに。
英語話せないのに海外旅行しなれている
お姉さんがなんとかしてくれて、
あとたまたま一緒に乗る予定だった
日本旅行の添乗員さんに助けられ
なんとかルフトハンザ航空の
フランクフルト経由の飛行機に乗れることに!
急げ急げ!!!!



ところが搭乗に間に合わず
またフィンランドのところに戻ることに。
空港のターミナルを往復してしまった。ぜぇぜぇ。
そして今度は北京経由の
キャセーとマカオ空港という
ちょっとよくわからない系の便に乗ることに。
ちゅ、中国か・・・・。

そしてまたルフトハンザへ。

「あなたたち又戻ってきたの!」
って感じだった。あはは・・・。
しかも12人で6つが全部
ペアシートでお願いしたから
笑われてた。
そういう発想が日本人だよねって。(多分)



結局5時間後の飛行機なのでその間、
フィンランド航空から出た20ユーロ使える
お食事券で遅い昼ごはんをすることに。


だが!この券はフィンランド航空周辺の店しか
使えないみたいだったので
また戻ることに・・・・。
2往復・・・・。
久々に脚を使ったワ。


まぁ20ユーロって2700円くらいだし、
空港の食べ物って高いから
結構リッチに食べることが出来た。
ただ、水はなかったが(泣)

おばちゃんたちは寿司を食べていた。
ちょっと頂いたがカリフォルニア巻きって感じのブツだった。


あたしは2皿ぶん野菜を食べて
パン1個とオレンジジュースを飲んだら
すっきり元気になった。
昨日のホフブロイハウスでも野菜もりもり食べたから
体が復活してきた。

肉食べてもビタミンが不足してるからだろうな。


そして搭乗の時、掲示板見ると
ルフトハンザになっていた。
どうやら共同便らしい。
やった!!!!


2009.12.12 / Top↑
ラストの街ミュンヘン!


19.jpg


結構新しい市役所なのに
この重厚感。
こういうセンスがドイツを調和させている。


ここはとにかく人が多かった気がする。
あんま残金も無いので
こまごましたものをちょいちょい買ったなぁ。
かわいいリボンとかひつじさんとか。


あと本屋があったのでふらりと立ち寄って
ドイツ語表記された週めくりの猫カレンダーと、
絵本を買った。
初カード支払い。




その後有名なホフブロイハウスへ!


ビールが・・・・。

20.jpg



どーーーん。
1リットル単位だよ。
あたしは勿体ないので
りんごジュースを頼んだが、
400mlほどあった。
すっごいカロリーじゃないか・・・。



一緒に行ったお友達ととやんは
1.5リットも飲んでた。
ツアーの参加者40人中
そんなことしていたのは
2人だけだった。
すげぇ。
一種の特技だ。


ドイツ人も演奏が終わるたび
立ち上がってビールをいっきしていた。
どんな肝臓してるんだ。

バイキングの食べ物を取りにきた
現地の中年見ていたら
すごく太っていらっしゃる方ばかりで
そりゃこんだけ食べてたらなぁ・・・と
食の細くなったあたしは思った。

でもホフブロイハウスには
超美人で力持ちの大学生のお姉さんが
いるから行く価値ありよ!(笑)
超写真撮られまくってた。

後キーホルダー作ってくれる
写真家の日本語を話すおっちゃんもいた。
なんかビール飲んで気分良くなったおばちゃんが
頼んでいたが
ぶっちゃけ写真のセンスは無かった気がするな。






で。



でですよ。
次の日は添乗員なしで関空まで
帰らなければいけなかったのですけれど
大事件が起こったのでありました。


2009.12.12 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。