身体の割合、水分60%ストレス40%です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
湯たんぽで低温やけどし水膨れを作ってしまいました。
医者にまかせるのが一番。
一番近所でネット環境に身を置いていない
古めな建物の医院の扉をあけました。
お医者さんは大正13年のおじいちゃんでした。
とても可愛かった・・・v
気に入ってしまったvv


ちなみに低温やけどはつぶしてはなりません。
感染の恐れがあるから。

なので医者に潰してもらい
塗り薬を処方してもらうのが一番良いです。
それでも全治2週間みたいやしね。
恐るべし低温やけど。

とか言ってる矢先、腹部が発疹でえらいことに。
これはダニか?
ちょっと頑張ってみて、
治らなかったらまた皮膚科にいかにゃ・・・。


あ、ノルウェーの森を観にゆきました。
実は言うと小説は読んでおりません。
冒頭だけちらみしたけど
独白を読むのがしんどくて・・・。
監督に期待してたから映像として楽しみに。


それで期待通り「絵」として最高にキレイだった。
背景と音と照明。これらがとてもきれいだった。
本当にフランス映画でした。
悪く言ってもフランス映画。

脚本が日本っぽくないよね。
いや、村上さんの作風とか、中身を考えると
純愛の明るい話のわけないんだけど
フランス映画っぽいんだよね。
小道具とか昭和レトロだけど
そのおしゃれなものでそろえているセンスとか
黄色の照明、ブルーの照明の入れ方とかさ。

この作品は映像としてとても目の保養になりました。
どこか日本じゃない感じがするけどね。
あまりにも人物のセリフが現代にまで飛んでる感じがしてさ。
でも奇麗なので見に行く価値はありかな。


映画って言いたいことを主人公に一つ言わすのがやっとだから
色々切り取られていて、全てを楽しめたわけじゃないけれど
こういう奇麗な作品をもっと見たいな。
スポンサーサイト
2010.12.23 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。