身体の割合、水分60%ストレス40%です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
自分の学祭公演のDVDを
観て思った。

色々至らない事が
多くはあったけれども
私はこのAMAKUSAが
嫌いではない。
むしろ上手ではないけれど
今までの自分が出てるなぁと
とてもおだやかな目で見れる。
後悔というものがあまりない。

良かったと言ってくれる人が
たしかにいる。
演劇的な面で言えば
ダメダメなんだろうけれど
(しかし初公演。完璧なほうがおかしい)
自分がうまく出たのかな。
でも悪く言えば
舞台でも自分だったのだろうな。
そんな風に思いました。

終わった直後は
満足と後悔だらけ
だったけれど
今だからあの時の自分を
感慨深く思い返せる。
反省にもっていける。

「芸術にゴールはないよ」
そう言うと聞こえはいいが
結局のところ
それはプライドなんだろうな。

私は勝ち負けやら、
上に昇るという考えが
無い人間なので
貪欲に追求すると
いうことがあまりない。
頑張っている人を見て
「ああ、良いな。自分も頑張ってみるか。」
そうして自分のペースで
進めていく人だから。

ていうか集団芸術の演劇って
かなり苦手だったりするわけで。
ていうか誰かと協力してやるってことが
苦手なわけで。

役者向いてないなぁ(笑)
だけど、ここで引くと
更に苦手になるから
頑張ってみたりするわけで。
試練っていうとおおげさだけど
そんな感じ?
自分を見つめ直す場なのかな。


最近、冬毛でもさもさしてきた
しまにゃさん。
061119.jpg

スポンサーサイト
2006.11.19 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。