身体の割合、水分60%ストレス40%です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
一限受けた後
もいっこのキャンパスへ。

初めて全くかかわらず
そして客席から初めて観た
私のいた求Q舎。

新人公演
「大日本現代妖怪奇談」
作:演 南条マナカ

です。キャップ作演。
わくわく。


んでめいっぱいアンケに書いてきました。
本当はそこまで書く気なかったんですが
あまりに過労でしんどくて
打ち上げ参加できそうになかったので。



打ち上げに参加なら本人に言ってたんですが。
(結局乾杯して1時間半くらいはいましたが)




で。


客観的に求Q舎を観て
一言で言うと

「かろうじて演出家のしたいことは
わかるけれど、
役者のしたいことがわからん」


っていうのが初めてわかりました。



うちの部活が芝居したい人にとって
生きにくい環境であることは
重々承知していたけれど
また別の気持ちで思いました。


とりあえず問題もいっぱいあるけれど
一回生が芝居好きそうで良かった。


うちの同回は変わりないってのを
前聞いて、

そのとき嬉しくもあり、
悲しくもある感情に襲われて
今日会うのちょっと怖かったんです。

私だけ時が進んでいるんじゃないかって。
私の進化であるけれど
一人進んでいて
みんなが止まっていたら嫌だなって。
それは私が一番恐れていることだから。

変わることをやめたとき
人は老いると誰かが言っていたのです。


でも会うとやっぱり元気でるや。


押谷くんとめいっぱい芝居の話して、
源さんに癒され、
ガンちゃんの濃さに笑い

やっぱり自分の居心地のいい人が
いるって素敵なことだな。


いつか外で一緒に芝居したいな。









お疲れ様。

20080705_1.jpg


スポンサーサイト
2008.07.05 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。