身体の割合、水分60%ストレス40%です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日のことを少し。


昨日は雪でしたよね。
びっくりでした。
そんな中、ベトナムからの笑い声
「タショウノハンディキャップハクレテヤル」
を観に七条塩小路あたりのスペースイサンに
行って来ました。
11月に芝居して以来だから
久々~。



今回は


・アームストロング将軍
・バッティングセンター物語(舞台版)
・ギリギリキャッツアイ
・奇跡の瞬間


でした(笑)


一番好きだったのは
ギリギリキャッツアイだった。


普段あんまり一番これ!てないんだけれど
今回はあまりにギリギリで
笑いにくかった・・・。



作家さんの苦労も垣間見えて
書けなかったんだけど、
純粋な客として観にいった分
正直・アームストロング将軍は色々な意味でしんどかった。
前半の暗転は停電とか単語があったらよかったけれど
長時間暗転はなんか・・・・しんどかったかも。

衣装とか照明とか
観ることによってその世界を想像するもんだから
初めにあんなに暗転が来られると
ただ観ているだけでしんどかったかも。
でもアイディアとしてはとてもおもしろいと
思うのでもっとうまく使えたら素敵★

しかしこの作品、
役者の一人が舞台で他の役者に興味がなさすぎて
腹が立つだけだった。


後、バッティングセンター物語は
私の無知のせいか笑えなかった・・・。
何人かコアな方は笑ってらしたが
ネタがさっぱりわからんかった。



ギリギリキャッツアイはたしかに
ギリギリだった・・・。
でもなんか素敵だった。

ベトナムって女の芝居ないから
まぁ・・・ギリギリだけど
女の芝居だったから
おもしろかった。



ラストは開演前に集めたカードの
いつどこで誰が何でそんなことを~
的な文章を作り理由を考えるという
とてもデンジャラスな企画。
黒川さんの赤ジャージ素敵な(笑)
中身も・・・おもしろかったですよ?(笑)


スポンサーサイト
2009.01.25 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。